2016年6月29日水曜日

こだわりが強いとは、こういうこと

発達障害の子はこだわりが強いと言われます。

特に物事の手順にうるさく、想定していたのと違うとパニックを起こして大泣きすることも。

といっても、目にしたことがない人にはなかなか想像できないですよね。

たとえば、「みかんの皮をむく」という単純な行為でも、このような苦労があります。






暴れて泣くこと30分。みかんを渡そうとしただけなのに、30分泣かれました。

「勝手に皮をむかれたのがイヤだったんだな」と察した母、今度はむかずに渡すことに。




より激しく泣かれました。


彼女が想定していたのは、「皮は自分でむきたいけれど、最初は硬くて難しいので、へその部分に親指で穴をあけただけの状態で渡してもらうこと」だったようです。

これが2歳半の頃の話。まだ言葉でこんな複雑なことを伝えることができない年齢です。分かるかっつーの。

日常のあらゆる面でこういうこだわりがあり、そのたびに数十分単位でギャン泣きされます。1回30分として、10回あれば300分、5時間です。1日5時間ってお前。確実に生活に支障が出ます。


成長とともに言葉を駆使できるようになればおさまってきますが、そのへんは個人差がありますね。今から思えばギャグですが、現在進行形の人にとっては深刻です。





2 件のコメント:

  1. 小学校当時の通信簿に

    「授業中に他の児童の妨げになる」ってずっと書かれ続けました

    なんかわかる気がします

    返信削除
    返信
    1. (おいくつかは分かりませんが)
      少し前までは教育現場にこういった概念がありませんでしたから、理解を得られずに苦しんだ子供やしつけのせいとされた保護者の方の気持ちを考えると、何ともいえない気持ちになります。

      削除